企画書(ver.初版)、ご査収の程よろしくお願いします。【野望編】

企画書(ver.初版)、ご査収の程よろしくお願いします。【野望編】

マスク・ド・サラリーマンのしょーもない野望

Blogを始めるなら将来の夢、野望を持っておいた方がいいと思う。

ここでは、本当にしょーもない野望を紹介したい。

文字の書かれた紙

自動的に生成された説明

そもそも始めたきっかけは…

誰にも新しいことにチャレンジするきっかけはあると思う。今回、私のチャレンジはBlogを書くこと。Blogの”ブ”も知らない、周りにも有名なBolgerがいない、直接リアルで教えてくれる人がいない中で、なぜ始めたのか?

サラリーマン生活を10年、しかも大手企業でぬくぬくと仕事をしていた時、ふと気づいたことがある。「全然苦労してない、慣れてしまっている」…

なら、世間的に成功しているのか?大きな組織に属すれば、働きアリと怠けるアリに分かれていく。大手企業も右にならえで、大きく当てはまっている。

しかもたちが悪いのが、“怠けるアリは年功序列でしっかり給与をもらっている”“若い働きアリは彼らを支えるために安月給で働き続ける”…

この悪い流れは10年後も20年後も一緒で、今度は働きアリが怠けるアリになって、自分がされたことをそのまま次の世代に施す…これならまだマシで、初めから怠けるアリもいるんだ…

こんな世界を見ながら、悶々としている頃、ベンチャーで働いている大学の同期と話す機会があった。確かに安定感はウチが圧倒的だが、「自分の努力の成果=報酬」なのである。

なら、転職すればいいやんってなると思うだろうが、一度大手で過ごすと出ていく勇気には高い高いハードルがある。会社のネームバリューで仕事をしてきたのだから、それがない仕事は想像ができない。

そう、私は勇気がなかった…嫁マスクもチビマスクもいるんだ…

だた、今の仕事のままで本当にいいのか…もう一度、チャレンジしたいんじゃ…と葛藤していた。

旧知の友人と勉強の先生からの意見が一致

悩みを持ちながら、前述の同期に愚痴ってたところ、

「お前がお前自身を発信したらええやん」

と言ってきた。「ん、YouTuberか?笑」と茶化していると、「お前はどう思う?」

その時、飲んでたのに何故か頭がスッキリしていた。YouTubeについては、少し前から考えていたことがある。非常に魅力的なツールであり、何よりも今最もメジャーな手法であるかもしれない。ただ、知名度が大きくなりすぎて、本来の価値を超えている。芸能人の参入でYouTubeの存在、価値観が混沌とするだろうと。無名素人のマスクが趣味で語っても、有象無象に埋もれてしまうまでだ。

前述の同期からは「相変わらず冷静に分析するから、おもろくないわ」

「お前がおもろいのは、よく喋るくせに面白い文章を書くねん」「無口が文章書くのがうまいのは理解できるんやけど、お前はなんか変」

「―Blogやってよ」

同時期に資格の先生からもこう言われた。

「マスクは表現の場を求めている。自己肯定してくれる場所を必要としている。だから、」

「―Blogやってよ」

私はすごく単細胞である。この瞬間、

「とりあえず、Blogやってみるかー」と。

そして、今に至る。

Blogをやるからには

その後、Blogについて調べてみると、色んな内容のBlogを見つけた。どれも面白い。全然面白くないやつもある。それも面白い。自由と感じた。

―マスクなら何ができるか

これまでの自分の経験を徒然なるままに書き記し、生きるために参考にしてもらえたら、最高じゃないか!と思った。

Blogスーパー初心者の成長を笑ってもらうのも、いじられて、おいしいじゃないか!

Blogを通じて、読者になってくれる人と繋がれたら最高じゃないか!

これはBlogやるしかない!

マスク、Blogに参入します(笑)

しかも、有名Blogerになれば、収益化もできるそうだ。

チビマスクのミルク代とオムツ代、Blogで稼げたら、これもネタだよね笑

趣味(?)のAmazonをもっとポチポチしたい!

金に目が眩んだマスク、やる気をさらに出す。

新しいことにチャレンジするからには、高く目標を設定すべきだと思う。

将来的に収益化は絶対達成してみたい。これは漢としての目標だ。

同時にマスク自身を表現していきたいと思う。これはわがままかもしれないが、現実環境では表現できないことはたくさんあるんだ。

これを全力で表現し、自らを多角的に見つめ直し、成長していきたい。

熱くなりすぎて長くなったので、今回はここまで。

これからも徒然なるままに更新していきたい。

基本カテゴリの最新記事